墓石用石材の国内産と海外産

自分の希望通りのお墓を建てるためには、まずお墓に関する情報を取り入れ、お墓に関しての知識をある程度頭に入れておく必要があります。

そして、お墓を建てるための各工程で、自分の希望をしっかりと業者に伝える事が重要になって来ます。

お墓を建てるための工程には、墓石選びがあります。
墓石はお墓の中で一番注目される物なので、じっくり時間をかけ、自分が納得できる墓石選びをする事が大切です。

墓石を選ぶ際には、まず石材を選ぶ作業から始めます。

墓石に使われる石材はたくさんの種類があり、それぞれ異なる特徴を持っています。


それらの特徴をしっかりと把握し、自分のイメージする墓石に最適な石材を選ぶ必要があります。


石材には、国産の石材と外国産の石材があります。


外国産の石材には、アメリカや中国、南アフリカやポルトガル、フランス、ノルウェー、フィンランド、スウェーデンなど、世界中から石材が輸入されています。


特に現在では、中国産の石材の割合が、かなり高いようです。

この様な世界中の石材から墓石に使用する石材を選ぶわけですが、石材の種類が多すぎて、どの石材にしたらいいのか分からなくなると思います。

ある程度絞り込むために、良い石材を選ぶためのポイントがあります。
それは、硬度が高い、吸水性が低い、きめが細かく丈夫だと言うことです。

墓石は時と共に風化し、いつまでも墓石が完成した時の状態を、完全に保てるわけではありません。
しかし、先ほど挙げたポイントにできるだけ近い石材で墓石を作ることで、長く最適な状態を保ち続ける事ができます。まず硬度が高いと言うポイントですが、石材には硬そうに見えて、意外ともろい石材も多くあります。例えば、よく知られている石材には大理石があります。大理石は高級石材として知られていますが、大理石の特徴は、柔らかく、加工し易いと言う事です。

そのため壊れやすく、特に風雨にさらされるお墓には向いていません。石材は多少の水分を含んでいますが、吸水性が高い石材だと、密度が低いため壊れやすく、苔やカビが生え易くなります。

http://m3q.jp/t/2070
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1499419014
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7161401.html

東京の永代供養墓の分かりやすい情報はこちらです。

大阪の葬儀なら、多くの人が選んでいるこのサイトにお任せ下さい。

葬式の料金情報を調べるなら、こちらのサイトが効率的です。

大正の葬儀情報を簡単に調べられます。